【最短30日】プログラミング初心者が副業で収入を得るための最適解とは?

 

この記事のまとめ

  • 副業で稼ぎたい方やプログラミング初心者の人にはLP制作がおすすめ
    • LP制作は短期間で少ない労力で完遂できる仕事
  • LPをはじめとしたWebサイトの制作にはHTMLCSSが基本
    • JavaScriptPHPデザインスキルについても学習するとなおよい
  • LP制作のためにおすすめなのはゼロイチ

 

この記事ではWeb制作のために必要なスキルやプログラミング言語について解説しています。

ゼロイチでは、副業を目的とする方やプログラミング初心者の方には、特にWebサイトの中でもLPというものの制作をおすすめしています

ゼロイチは、LP制作を行ううえでの確実なスキルを受講者に対して、どこよりも早く、どこよりも安く習得させる自信があります。

LP制作をすすめる理由も含めて解説しておりますのでぜひ記事を参照してみてください。

 

副業目的の方やプログラミング初心者にはLP制作がおすすめ


副業が目的の方やプログラミング初心者の方にはWebサイト制作の中でも特に、LP制作の案件をおすすめします。

ランディングページ(LP)とは広義の意味では『ユーザーが最初に訪問するウェブページ』を指します。

ただし、募集されている案件内容としては『広告を売った際に最初に到達させたいページの作製』が多いので、1ページ完結型のものが多いです。

LP制作をおすすめする理由は以下の4つです。

  1. 仕事内容がHTML・CSSのみで完結することが多い
  2. 製作期間が短くすぐに成果が得られる
  3. 案件が多く募集されている(ランサーズで2万件以上)
  4. 他プログラミング言語は実務年数が求められることが多い

簡単に言うと、初心者でも比較的簡単なスキルさえ学習しておけば、短い期間で成果を上げて報酬を受け取ることができるのです。

企業が”Webサイト”の制作を募集するのと”LP(ランディングページ)”の制作を募集するのは、求めている内容が結構異なります。

Webサイト LP 違い

Webサイト制作だと用意するページもある程度多くなるため単価は高いのですがかかる時間は長くなってしまうため気軽に受注するのは難しいです。

対して、LP制作は基本的に1ページだけの制作が多く、デザイン案にのっとってページを作製するだけですのでサクっと短時間で終わらせることができます。

LP制作の単価はWebサイト制作に比べれば安いですが、それでも3~5万円の報酬が得られます。

LP制作について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:LP(ランディングページ)とは?プログラミング初学者におすすめしたいお仕事No1!!

 

LP制作において必要となる知識やスキル


結論から言いますと、HTMLCSSの知識が必要になります。

また必須ではないですが応用的なスキルとしてJavaScriptPHPWebデザインの知識もあると便利です。

ただHTMLとCSSを学習するだけで十分に案件をこなすことが可能なため、応用的なスキルについては記事の後半で解説します。

基本はHTMLとCSS

基本的にLP(ランディングページ)を含めたWebサイトの制作においてはHTMLやCSSといったマークアップ言語が用いられます。

HTMLはリンクが付いたテキストに様々な情報を付加したり、テキストの情報同士をつなげて情報の整理をすることができます。

ウェブページのほどんどがHTMLで作製されているためWebサイト制作を行ううえでは学習は必須となります。

CSSはHTMLで作ったWebページのスタイルを決定する際に用いるプログラミング言語で、背景や文字の色を変えたりできます。

Webサイトのレイアウトやデザインを指定する役割をもっているため、HTMLと同様にWebサイト制作をするうえでは学習が必須となります。

 

ゼロイチならWebサイト制作・LP制作に必要なスキルを得られる


ゼロイチのWebサイト制作コースならWebサイト制作やLP制作において必要となるスキルや分野について学習できます。

プログラミング 箸休め イラスト

HTMLやCSSは比較的難易度も低く、学習にかかる時間も長くありません。

ゼロイチのWebサイト制作コースではWebサイトの制作やLP(ランディングページ)制作など転職スキルよりもフリーランスや副業として案件を習得するスキルに特化しています。

ゼロイチを強くおすすめできるのは、Webサイト制作に必要な知識やスキルを①価格が低い点と②業界初の技術で効率よく学習できる点の2つの理由からなります。

この2点は他のスクールにない大きな強みとなっています。

業界初の技術に基づく独自の指導カリキュラムを用いて、どのスクールよりも安く、最短30日でLP制作のスキルを得られるのが強みです。

以下でWebサイト制作を専門に学習できるスクールについて表を用いて比較します。

比較プログラミングスクール

  • ゼロイチ Webサイト制作コース
  • テックアカデミー Webデザインコース
  • テックキャンププログラミング教養コース
  • インターネットアカデミー ホームページ制作講座
  • Winスクール ホームページ制作(14回)

なお料金入学金教材費を含めたものとして、税抜きの値です。

スクール名 料金 期間 学習内容 総学習時間
ゼロイチ 30,000円~
90,000円
1~3ヶ月 HTML
CSS
実務スキル
150時間以上
テック
アカデミー
209,000円~
309,000円
2~4か月 HTML
CSS
Ruby
160時間
テックキャンプ 198,000~
297,000円
1~6か月 HTML
CSS
Ruby
etc…
60~180時間
INTERNET ACADEMY 180,000円 3~6ヶ月 HTML
CSS
JavaScript
Dreamweaver
47時間
(受講時間のみ)
Winスクール 163,000円 1~4か月 HTML
CSS
35時間
(受講時間のみ)

ゼロイチの受講料金が最も安い!

料金 プログラミング イラスト
スクール名 ゼロイチ テック
アカデミー
テックキャンプ INTERNET ACADEMY Winスクール
①料金 30,000~90,000円 209,000~309,000円 198,000~
297,000円
180,000円 163,000円
②1か月の月額 30,000円 104,500円 198,000円 180,000円 163,000円
③3ヶ月の月額 30,000円 86,333円 237,600円 60,000円 54,333円

上記の表は入学金や教材費を入れた価格となっております。(テックアカデミーは2ヶ月プランをもとに計算)

①それぞれのスクール料金の範囲、②最短一か月で学習した場合の月額受講料、③3ヶ月受講した場合の月額受講料を挙げました。

表をみてわかる通りゼロイチは他のスクールに比べてかなり良心的な価格でサービスを提供しています。

ゼロイチの特徴として、初期費用や教材費はゼロ円で、月額3万円ぽっきりで受講できるというのが挙げられます。

他のスクールですと月額料金に加えて入学金や教材費がかかりますが、ゼロイチには一切ありませんのでご安心ください!

プログラミング初心者や副業・フリーランスを目指す方向けのカリキュラムとして、転職支援は行っていない代わりにここまで価格を抑えることに成功しています。

ゼロイチは、費用を安く抑えることでより多くの方にサービスを利用してもらい、老若男女誰もがプログラミングができる世の中を目指しています。

ゼロイチなら最短1か月で学習!

プログラミング 時計 早い イラスト
スクール名 ゼロイチ テック
アカデミー
テックキャンプ INTERNET ACADEMY Winスクール
学習期間 1~3ヶ月 2か月~
4か月
1ヶ月~
4ヶ月
3~6ヶ月 4ヶ月

学習期間はどのスクールよりも短いのがわかるかと思います。

これは革新的な学習カリキュラムの効率化によって可能となっております。

以下の”学習内容や学習方法”の欄でも触れますが、ゼロイチでは、受講者がつまずいた所をAIが分析してカリキュラムの再構築を行い、苦手部分をに徹底的に解消していきます。

また、長期間ただ学習しているよりも早めに実務経験に入って実践してスキルや経験を積んだほうが学べることも多く、ゼロイチならそれが叶います。

3ヶ月を目安期間として設けてはいますが、本人の進捗と、効率的な学習カリキュラムによって最短でたった1か月でLP制作やWebサイト制作ができるようになるのです。

ゼロイチの学習内容や学習方法について

ゼロイチ 4STEP クイズ形 コード形式 AI解析 カリキュラム更新
スクール名 ゼロイチ テック
アカデミー
テックキャンプ INTERNET ACADEMY Winスクール
学習内容 HTML
CSS
実務スキル
HTML
CSS
Ruby
HTML
CSS
Ruby等
HTML
CSS
JavaScript
HTML
CSS

他のスクールではHTMLやCSS以外も学習内容に含まれていますが、ゼロイチが特におすすめしていたLP案件にはほぼ必要ない知識やスキルです。(ゼロイチでも他の言語の用意はしています)

ゼロイチでは一科目300問以上の問題を用意しており、受講者が学習した項目、間違えた問題など受講者の1つ1つのアクションは全て保存されています。

間違えてしまった問題や試験で不合格になったなど、受講者が躓いた箇所をAI(人工知能)が分析することで、受講者に最適な学習プランが再構築されるのです。

さらに完全オンライン形式でわからない所を質問し放題であるのも魅力の1つです。

他のスクールだと決まったカリキュラムや時間に縛られて学習することもありますがゼロイチならその心配がないということです。

年齢制限もないためアラサー、アラフォー、アラフィフであっても確かなプログラミング力を養うことができます。

実務スキルの習得が優先目標ですので、カリキュラムの最後には実際にLPを制作して最初の実績を完成させます。

 

無料体験

LP案件がこなせられれば月に5万円以上を稼ぐことは容易になります。

副業を目指す方や、プログラミング初心者の方には、その圧倒的なコスパの良さから他のプログラミングスクールよりもゼロイチの方がよいと自信をもってオススメできます。

またJavaScriptやPHPといった応用スキルを身に付けるコースも用意していますので学習したい方は一度ご相談ください。

ゼロイチの特徴として、申し込んですぐに学習を始められるとったことも挙げられ、今すぐにでも学習を始めたい方にもぴったりです。

現在、無料体験も実施しているので、ITの仕事がしたいという方はぜひ体験してみてください。

ゼロイチ

ゼロイチの無料体験はこちら

 

応用スキルとして…


HTMLとCSSを学習するとLP制作案件をこなすことは十分に可能となります。

ただそれ以上の知識やスキルを得ることで、より自由度のあるWebサイトを作製できるようになります。

スキルの向上によって作製難易度の高いサイトも受注できるため単価を上げて給料アップを見込めます。

より高度なWebサイト制作 JavaScript PHP Webデザイン

具体的には、Webサイトに動的な要素を追加したいとなるとJavaScriptについての学習が効果的となります。

JavaScriptを活用すると文章や写真を拡大表示させたり、マウスの動きに反応してメニューを表示させたりすることができるようになります。

PHPを学習すればサイトのシステムをカスタマイズすることも可能となり、複雑なWebサイトやブログやSNSといったサービスに至るまで開発できるようになります。

PHPでプログラムされているWord Pressも扱えるようになるため、案件の幅は非常に広がります

事実、ランサーズではWord Pressの案件は37,608件募集されていました(2021年2月時点)

さらにWebデザインのスキルもあると便利です。

Webサイトを自在にデザインしたり、載せる画像やバナーのデザインをするといった際にはデザインスキルとしてPhotoshopやAdobeのスキルがあるとよいでしょう。

 

まとめ


Webサイトの制作の中でもLP制作が特におすすめであり、HTMLやCSSの学習が必要であることを紹介してきました。

WebサイトやLPの制作ができるようになるスクールを比較したうえでゼロイチを紹介しました。

基本的には学べる内容が大きく異なることはないため、受講料金や学習期間をもとに選ぶことをおすすめします!

ゼロイチの無料体験はこちら

以上、Webサイト制作に必要なスキルと副業に最適なLP案件について、おすすめのプログラミングスクールの紹介記事でした。