プログラミング初心者でも副業は可能?最短距離で実践する1つの方法

この記事のまとめ

  • 初心者からでも受けられる案件はLP制作
  • LP制作はHTML・CSSだけで受けることができる
  • 高単価な案件が受けたいのであれば、WordPress案件がオススメ
  • コードディクトはHTML・CSSに特化したオンラインプログラミングスクール

 

『プログラミングを覚えて副業がしたい…』

そう思い、プログラミングを勉強しようと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、世間では

『実績を積まないと初心者に副業はできない』

と言われています。

確かにプログラミング言語を覚えて高収入を得るような副業は難しいです。

しかし、プログラミングを覚えて仕事をする方法はあります。

今回は初心者がプログラミングで副業をするためには何を覚えて、どんな案件を受けるべきかをご紹介していきます。

そもそも初心者から副業にすることは可能?


まずプログラミング経験がゼロの状態から学習して副業をできるようになるのかという疑問があります。

答えとしてはエンジニアとしての就業経験がなくても、学習方法次第で副業としてエンジニアになることは可能です。

しかし、ただ闇雲に言語を選びがむしゃらにプログラミングを勉強したとしても副業できる訳ではありません。

プログラミングで副業をするためには『副業として需要がある言語を勉強する』ということが何よりも重要な点です。

後に詳しく解説していきますが、案件の中には企業などでの実務経験が必須になる案件も多くあります。

実務経験が求められる案件は残念ながら未経験の方がいくらプログラミングを学習したとしても受けることはできません。

しかし、中には実務経験を求められない簡単な制作案件も存在しているんですね。

未経験からプログラミングで副業をする場合に目指す場所はそこになります。

『簡単なWEB制作案件をできるスキルを身に着け、実績をどんどん積んでいく』

ことで初心者からでも副業をすること可能です。

【最短30日】プログラミング初心者が副業で収入を得るための最適解とは?

 

プログラミング初心者から副業するまでの道のり


ここまでプログラミングを学び副業するまでの具体的であり最短の道のりを解説していきます。

  1. HTML・CSSを学習し、WEBページを作れるようになる
  2. WEBページを作成し、実績を量産する
  3. LP制作案件に応募する
  4. 案件獲得

それぞれ詳しく流れをみていきます。

① HTML・CSSを学習し、WEBページを作れるようになる

プログラミングには様々な言語があります。

PHP、HTML、CSS、JavaScript、Swift、Javaなどプログラミング言語は様々なものがあり、学ぶ言語によって作れるようになるものも変わってきます。

プログラミング言語の種類

  • PHP → サーバーサイド言語。WEBシステムを作れる
  • HTML → WEBページを作れる
  • CSS → WEBページのデザインを操ることができる
  • JavaScript → 動きのあるWEBページを作れる
  • Swift → iOSアプリを作れる
  • Java → システムからAndroidアプリまで幅広いモノが作れる

というように言語によって作れるものが変わります。

また、理解が難しい言語もあり、目的にそぐわない言語やいきなり難易度が高い言語を選んでしまうと挫折の原因になります。

そこでオススメなのが『HTML、CSS』という言語です。

これらの2つの言語を学習すると、WEBページの制作ができるようになります。

あなたが今見ているこのサイトもHTMLとCSSでできたサイトなのです。

学習難易度も自分が書いたコードが絵になって表示されるので分かりやすい言語と言われています。

そして、ウェブページ制作の案件は後述しますが、大量の案件が常に募集されているのでHTML、CSSを学べば副業をスキルをまずは身につけることができるのです。

② WEBページを作成し、実績を量産する

ページをある程度作れるようになったら普段見ている自分が考えたデザインでもいいので、WEBページを作成していきます。

この理由としては、プログラミングで案件を受ける以上はポートフォリオが必要になります。

ポートフォリオとは自分が今までに制作してきたもの作品集のようなものです。

案件を募集している企業も早いものがちで案件を委ねるわけではなく応募者のポートフォリオを確認し、合っていれば案件を依頼するというのが一般的です。

③ LP制作案件に応募する

WEBページを作成し、自分のポートフォリオが出来たらLP制作案件に応募してみます。

どうやって応募すればいいのかという点は今現在は『ランサーズ』や『クラウドワークス』などのクラウドソーシングサービスの発展によって多くの案件がネット上で公開されています。

プログラミングで副業をする場合もクラウドソーシングサービスで案件が募集されているので、応募してみましょう。

重要なことは身の丈にあった案件に募集することです。

高単価な案件を初めから応募してしまうと、自分のスキルが足りずに苦労します。

 

LP制作がなぜオススメなのか?


プログラミングの勉強方法は目的によって大きく変わってきます。

副業を目的にするのであれば目指す目的は『LP(ランディングページ)制作』ができるようになることを目標に学習を進めていくことがオススメです。

LP(ランディングページ)とは広義には HP(ホームページ) に訪れるユーザーが一番最初に訪問するページの事です。

副業の場合にLP制作を目的にするおすすめな理由は以下の3つです。

  1. 仕事内容がHTML・CSSのみで完結することが多い
  2. 製作期間が短くすぐに成果が得られる
  3. 案件が多く募集されている
  4. 他プログラミング言語は実務年数が求められることが多い

それぞれ詳しく説明していきます。

① 仕事内容がHTML・CSSのみで完結することが多い

プログラミングの世界では、簡単に言えば『インフラ、サーバーサイド、フロントサイド』の3つの世界があります。

サービス制作するといった場合は全ての世界を知っている必要はありませんが、それぞれのある程度の知識がないと仕事を行っていくことは少々難しいです。

しかし、LPコーディングの仕事はデザイン通りにHTML・CSSでコーディングするだけですので、2つの言語の知識のみでも仕事を完結させることができます。

② 製作期間が短くすぐに成果が得られる

LP制作の期間は、他と比較して非常に短いです。

早いものですと、契約から1週間程度で作業が完了するケースも多々あります。

通常のサービス制作するとなると短くても数ヶ月、長いものだと年単位で作成していくこともあるのです。

初めの仕事は気軽なものからやりたいと思うのが常ですので、制作期間が短いというのもおすすめ出来るひとつの理由になります。

③案件が多く募集されている

いざプログラミングで仕事をしようと思っても、仕事がなければなんの意味にもなりません。

しかし、LPコーディングの仕事はネット上でも多数募集されています。

クラウドソージングサービス『クラウドワークス』にて、LPコーディングの案件を検索すると2020年12月現在 『1,714件(募集終了含む)』もの案件がありました。

クラウドワークス

このようにLPコーディングの仕事は多数あり、比較的容易に仕事を始められることがメリットです。

④他プログラミング言語は実務年数が求められることが多い

新卒の場合は例外にはなりますが、他プログラミング言語の仕事は実務年数を求められることがほとんどです。

つまり、プログラマーになりたくて頑張って学習したとしても実務経験がなく仕事が見つからなかったということに陥ることもあります。

逆にLPコーディングの仕事はHTML・CSS事態の学習難易度も低く、LPという1枚だけページを作る仕事ですので経験年数よりも早く納品できるかといったことが求められることが多いです。

 

どれぐらいの収入が期待できる?


今回ご紹介したLP制作案件の相場をご紹介します。

大手クラウドソーシングサービス『クラウドワーク』でLP案件を調査したところ相場は以下のようになっていました。

LP制作の報酬相場:50,000円 ~ 100,000円

LP制作の案件は基本的にWEBページを1枚作成するものが多いので、制作期間も短いものが多いです。

能力差は出てきますが、初心者の方でも3~7日あれば完成させることができます。

あくまで一例ですが、以下のようなスケジュールで案件をこなす場合は月に10万円以上の収入を得ることも可能です。

より高単価な案件を取るならWordPressを覚える

初心者の方が初めに受けられるような案件が『LP制作』です。

しかし、LP制作のデメリットは『案件の単価が安い』という点になります。

1件あたりの相場は3万〜10万円となっており、例えば副業ではなくフリーランスとして専門でやっていくには心もとないです。

高単価な案件を習得していくためにはLP制作だけでなく他の案件を獲得できるようにならなければなりません。

そして、LP制作よりも1つステップアップして獲得できる案件が『WordPress制作』案件です。

WordPressとはWebサイトやブログ投稿管理システムを無料で作成することができるCMS(コンテンツ管理システム)です。

全世界の1/4のWebサイトはこのWordPressで作られていると言われているぐらい世界的にも有名なサービスとなります。

このWordPressを使ってのサイト作成やカスタマイズする案件はクラウドソーシングサービスでも多数募集されているのです。

クラウドソーシングサービス『クラウドワークス』で調べてみたところ2,337件求人が募集されていました。

クラウドワークス
引用:クラウドワークス

WordPressはPHPで出来ているため、PHPを学びWordPressの制作やカスタマイズを行えるようになることで、LP制作よりも高単価の案件を受けることができるようになります。

 

【無料体験実施中】『コードディクト』はLP制作を最短で覚えられるオンラインスクール


コードディクトでも最短30日でLP制作ができるようになるカリキュラムを提供しています。

大手プログラミングスクールのような転職支援は行っていませんが、プログラミングスキルだけでなくLP制作の案件を獲得する方法やLPの実績を多数積むことが可能プログラミングスクールとなっております。

副業のためにプログラミングスキルを付けたい、まずは副業からエンジニアになりたいという方はぜひご利用ください。

現在、無料でお試しキャンペーン実施中です。


コードディクト無料体験はこちら