コードキャンプのゲートの違いは何?おすすめの人はこんな人!

CodeCampGate
引用:CodeCampGate

 

この記事のまとめ

・ゲートは転職特化のコース

・料金は通常コースよりも高い

・20代限定のコース

・副業スキルも身につけたいならコードディクト

 

コードキャンプは豊富なコースが用意されており、目的に合わせてコースを選択するプログラミングスクールとなっています。

  • 『Webアプリを作りたい』→Webマスターコース
  • 『アプリを作りたい』→ アプリマスターコース
  • 『デザインを覚えたい』→ デザインマスターコース

など幅広い目標に合わせてコースを選択できるのはコードキャンプの強みです。

そしてコースの中には『CodeCampGATE(コードキャンプゲート)』というものがあります。

今回は通常のコードキャンプとコードキャンプゲートの違いについて解説していきます。

 

コードキャンプとゲートの違い簡易表


まずはコードキャンプとゲートの違いを簡単にまとめましたのでご覧ください。

コードキャンプ ゲート
料金 コースによる 478,000円
目的 主なプログラミング言語全て 転職
年齢制限 なし 20代の方
オンライン
転職支援
チーム開発

 

ゲートの違いは転職に特化


CodeCampGate
引用:CodeCampGate

コードキャンプゲートの大きな特徴は転職に特化しているという点です。

通常のコードキャンプのコースにはプログラミングスキルは向上するものの転職支援までは行っていません。

プログラミングを学ぶ理由として、転職目的とする方も多いです。

そのためコードキャンプでは新しくこの転職に特化したコース『コードキャンプゲート』を開講しています。

料金は478,000円となっており通常のコースよりも高く設定されています。

しかし、その分通常のコースにはなかった以下の転職サポートを受けることが可能です。

  1. 全国各地の転職の支援が受けられる
  2. チーム開発を受けることが可能
  3. コードキャンプにはない提携サポート企業

①全国各地の転職の支援が受けられる

CodeCampGATEでは全国各地の転職支援サポートを受けることができます。

テックキャンプなどの転職保証を行っているスクールでは都内の企業であれば保証できるが、全国の保証をやっていないところが多いです。

CodeCampGATEはその点、全国のどの場所からでも転職サポート受けることができます。

②チーム開発を受けることが可能

通常のコードキャンプとは違う点がチーム開発で学習を進められるということです。

チーム開発は同じ時期に入った受講生たちと協力して開発を進めるというものです。

チーム開発の実績は実際に企業で務める上で重要なスキルであり、このスキルは通常の他のスクールでは中々身につけられません。

よってチーム開発のスキルは転職でも大いに役に立ってくるのです。

③コードキャンプにはない提携サポート企業

通常のコードキャンプにはない転職サポート企業を受けることが可能です。

求人だけでなく転職成功後の部屋探しや履歴書の写真撮影もサポートを受けることができます。

 

ゲートにはこんな方がおすすめ!


ゲートをおすすめしたい方は以下の点に当てはまる方です。

・20代の方

・実務レベルの開発経験を積みたい方

・地域でエンジニア転職を目指したい方

それぞれ詳しく見ていきます。

20代の方

これはおすすめというよりも必須事項なのですが、コードキャンプゲートでは20代の方のみしか受講することができません。

転職は30代からは厳しくなってくるのはエンジニア転職でも同様で30代以上の方は保証ができないため、お断りされているようです。

関連記事:【転職保証もある】30代からの目的別おすすめプログラミングスクール6選

実務レベルの開発経験を積みたい方

ゲートのカリキュラムには通常のコースにはない『チーム開発』が組み込まれています。

これは、実際に企業に勤めた時に他の人とどうやって開発をやっていくかを学ぶことができ、非常に有用な学習です。

また、2ヶ月目からは専属のエンジニアメンターが付いて2ヶ月間の実習を行います。

現役エンジニアからレビューを受けながら開発を進めることで、実際の開発現場と同じ経験を積みサービス公開まで行うためより実践的なプログラミングスキルを身につけることが可能です。

地域でエンジニア転職を目指したい方

転職支援を行っているプログラミングスクールでは紹介できる企業が都内のみという条件付きで保証を行っているスクールが良くあります。

転職支援が手厚いことで有名なテックキャンプも紹介企業は基本的に都内の企業のみです。

仮に地方で転職活動を行う場合は、保証が受けられないこともあります。

しかし、コードキャンプゲートでは元々がオンライン特化のサービスため場所は関係なく転職サポートを受けることが可能です。

 

コードディクトはオンラインで副業特化のスクール


コードディクトでも最短30日で副業で案件獲得ができるようになるカリキュラムを提供しています。

ゲートのように転職支援は行っていませんが、プログラミングスキルだけでなく副業で案件を獲得する方法を積むことが可能なプログラミングスクールとなっております。

月に3万円というかなり良心的な価格で基礎のプログラミングから実際に案件を受注して仕事をこなせるようになるためのスキルまで指導します。

副業のためにプログラミングスキルを付けたい、まずは副業からエンジニアになりたい方やフリーランスとして活躍した方はぜひご利用ください。

現在、無料でお試しキャンペーン実施中です。


コードディクト無料体験はこちら

関連記事:【最短30日】未経験からプログラミングで副業をする道のりを解説