【テックキャンプ】イナズマコースはコロナ禍ではコスパが悪い?3つの特徴を現役SEが徹底解説

テックキャンプ イナズマ

この記事のまとめ

  • 30時間程度でプログラムを理解することは難しい
  • オンライン限定になってしまった
  • 教養コースの方がコスパが良い

超短期でプログラミングの基礎を覚えることができるコースがテックキャンプのイナズマコースです。

期間は何と7日間。

1週間でプログラミングをマスターできる他のスクールにはない超集中型のコースとなっています。

しかし、ほんとにプログラミングを学べるのかは気になるところですよね。

今回はテックキャンプイナズマが特徴や料金などを解説していきます。

テックキャンプに資料請求する

 

テックキャンプイナズマは7日間の短期プログラム


テックキャンプイナズマは7日間の短期集中でプログラミングを学ぶことができるスクールです。

特徴については以下の表にまとめましたので、まずはご覧ください。

料金 198,000円(税抜き)
目的 プログラミングを学ぶ事
年齢制限 制限なし
オンライン
転職支援

気になった特徴を以下でご紹介致します。

全てオンラインでの学習

テックキャンプの教養コースや転職コースではオンラインとオフラインのどちらでも勉強することが可能です。

テックキャンプの教室は全国の6箇所あり、コースに入れば教室にはいつでも通うことが出来るようになります。

しかし、テックキャンプイナズマコースでは【オンライン】のみのコースとなっているので注意が必要です。

短期集中ということで、教室で講師マンツーマンで学ぶのかと思っていましたよね。

オンラインだと、分からないことをすぐに聞けないリスクがありますが、イナズマコースでは常にオンラインで講師が待機しており、手早く分からないことを解決することが可能です。

以前はオフライン限定コースだった

ちなみにオンライン専用コースになったのはごく最近のことで、イナズマコースは教室専用のコースでした。

オンラインコースになった背景としては、新型コロナウイルスの影響や東京と大阪の教室のみ限定開催だったので、誰でも受けられるコースではなかったなどがあるそうです。

テックキャンプに資料請求する

合計30時間のカリキュラム

イナズマコースのカリキュラムは合計30時間の内容となっているそうです。

そのため、仕事をしながらでも学ぶことができるというのが大きなメリットです。

スケジュールの例として平日2時間、休日10時間の勉強時間などプログラミングを学ぶことが出来ます。

イナズマ 学習スケジュール

平日夜22:00までであれば講師は常に待機しているので、分からないことは聞ける環境が出来ているのは良い点だと思います。

学ぶことはウェブサイト作成の基礎

イナズマではHTMLやCSSを使ったウェブサイトの基本的な制作方法を学びます。

データベースやサーバーのプログラムを学び、ウェブサイトがどのように出来ているかを勉強します。

23日間の復習期間付き

イナズマコースではカリキュラムは7日間のコースとなりますが、23日間の復習期間が付いてきます。

この復習期間の間のチャットや質問を利用することができます。

テックキャンプに資料請求する

 

イナズマコースがオススメしづらい3つの理由


イナズマコースがオススメできない理由は以下の3つです。

イナズマコースのオススメ出来ない理由

  1. 30時間程度でプログラムを理解することは難しい
  2. オンライン限定になることで強制力という強みがなくなった
  3. 教養コースの方がコスパが良い

SNSでの意見も添えてそれぞれ詳しくご紹介します。

① 30時間程度でプログラムを理解することは難しい

まず私自身がエンジニアであり、プログラミングスクールを運営している立場から言わせてもらうと、30時間でプログラミングを理解することはかなり厳しいです。

一つの例として、テックキャンプの転職コースの学習時間を出してみましょう。

テックキャンプ転職コースでは600時間分もの学習カリキュラムが用意されているそうです。

それに対してイナズマコースの学習時間はたったの30時間となります。

1/20の学習時間では到底基礎すらも身につけられる学習時間ではありません。

 

② オンライン限定になることで強制力という強みがなくなった

かつてのイナズマコースは教室に通い講師にみっちり教えてもらうオフライン型のコースでした。

しかし、最近の変更で完全オンライン型のコースとなってしまっています。

そのため、オフライン型のスクールの強みである強制力がなくなってしまったのです。

プログラミングは独学で覚えようとすると9割が挫折してしまうような分野でもあります。

そのためオンラインではモチベーションを維持するのが非常に難しいのです。

挫折をしないためにも、オフラインで強制的に勉強する環境を作ることがイナズマコースの強みだと思っていたのですが、オンラインとなった今ではその強制力はなくなってしまいました。

テックキャンプに資料請求する

③教養コースの方がコスパが良い

イナズマコースの料金はかなり高いですよね

これは私のいち意見としてではなく、はっきりとした理由があります。

それは『教養コースと料金がさほど変わらない』からです。

教養コースとは、入会費用はかかりますが月額19,800円でプログラミングを学ぶことができるコースとなっております。

そして、イナズマコースと教養コース1ヶ月分の料金を比較すると以下のようになります。

コース名 料金
イナズマコース 198,000円(税抜き)
教養コース 月額:19,800円(初月無料)
入会費用:198,000円

ご覧の通り料金は教養コースは月額費用の19,800円分高いぐらいです。

そして、教養コースは初月は月額費用無料なので、料金は全く一緒ということになるんですね。

さらにイナズマコースと比較して教養コースの良さは以下の3つがあります。

教養コースの特徴

  1. 期間が最低でも1ヶ月ある
  2. オンライン、オフラインどちらでも利用可能
  3. 講師のアドバイスも貰える

などがあります。

同じ料金、同じサポートで7日間と1ヶ月選ぶのかと言われたら誰もが長い方を選択しますよね。

つまりは、教養コースを受講したほうがコスパは間違いなく良くなっているのです。

関連記事:テックキャンプ教養コースは何が覚えられる?転職コースと同等のサポートも受けられる!?

テックキャンプに資料請求する

 

プログラミング未経験から30日間で収入を得る方法


イナズマコースは7日間のコースとなっており、

『7日間じゃ何も学べない』

という厳しい意見もありました。

しかし、30日あればプログラミングを利用して収入を得る方法があります。

具体的な方法を以下で解説していきますので興味がある方はぜひお試しください。

LP制作で副業しながらプログラミングを覚えていく

プログラミングを扱った仕事は当然ながら様々なものがあります。

そして、その中には単価こそは安くなるものの未経験者でもすぐにできるような案件があるのです。

それが『LP(ランディングページ)制作』という仕事です。

LP制作とは簡単に言えば商品を紹介する宣伝Webページのこと指します。

LP制作のメリットは

  • 必要とされるスキルがHTML、CSSのマークアップ言語で難易度が低い
  • 案件が多数募集されている
  • 個人でも受けることが可能

があり、プログラミング未経験の方でもこのLP制作は難易度が優しいことからすぐにできるようになると言われています。

関連記事:LP(ランディングページ)とは?プログラミング初学者におすすめしたいお仕事No1!!

案件の数もクラウドソージングサービス『クラウドワークス』にて、LPコーディングの案件を検索すると 『1,714件(募集終了含む)』もの案件があり、募集は多数です。

クラウドワークス

LP制作の案件に慣れてきたら高単価な案件ができるようにプログラミングスキルを磨いていくということを続けていれば自然とプログラミングを覚えていくことができます。

私自身現役のエンジニアではありますが、この方法がプログラミングを覚えるには最も効率がよくリスクが少ない方法だと思っています。

できるだけ料金は抑えながらプログラミング学習をしたいという方はぜひ検討してみてください。

【無料体験実施中】『コードディクト』はLP制作を最短で覚えられるオンラインスクール


コードディクトではHTML・CSSを学び実際にLPを制作するためのスキルを学ぶことに特化したスクールです。

最短で30日でLP制作するスキルを得ることができるので、上記のように副収入を得ながらプログラミングを学習したいという方にはオススメのスクールとなっています。

現在、無料体験も実施しているので、プログラミングの勉強がしたいという方はぜひまずは体験してみてください。

どのようにプログラミングを学習していくかが分かる無料体験となっているので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。


コードディクト無料体験はこちら