【失敗する】プログラミングスクールに仕事を辞めて通うリスクが高い理由

 

この記事のまとめ

  • 仕事を辞めての学習のリスク
    • 良くない企業への転職
    • プログラミングが肌に合わないことに後で気づく
    • 転職して年収が下がる
  • 仕事を辞めずともプログラミングは学べる
  • 仕事を辞めないと挫折してしまう人は学習方法と心構えが間違っている
  • また、転職ではなくフリーランスという生き方もエンジニアにはある

プログラミングは昨今、義務教育で必修化されたりと注目されています。

そんな世の中を見て

『未経験だけどプログラミングを覚えてエンジニアになろう』

と考える方もいるかと思います。

未経験から新たな道に挑戦することはとても良いことですし、型にはまらず挑戦できる方は私自身心の底から尊敬しています。

しかし、いきなり今の仕事を辞めて、プログラミングスクールに通うことはリスクがかなり高いです。

今回は仕事を辞めてプログラミングスクールを通うリスクとオススメの学習方法について実際にプログラミングスクールを運営している側からご紹介します。

仕事を辞めてプログラミングスクールに通う3つのリスク


以下で仕事を辞めてプログラミングスクールに通う3つのリスクをご紹介します。

  1. 焦ってよくない企業へ転職
  2. 後からプログラミングに向いていないのを自覚
  3. 転職して年収が下がってしまう

① 焦りすぎた結果、良くない企業に転職…

まず一番にあるのが仕事を辞めてプログラミングスクールに入ったことで焦りが出てしまうという点です。

転職に焦りがある状態でプログラミングを学習するのは最早デメリットでしかありません。

まず、英語学習や数学などの勉強とプログラミング学習が違う点は『エラーで詰まる』という点です。

教科書と同じように記述しているのに動かず時間を浪費してしまうなんて事はエンジニアであれば誰もが何度も経験しています。

プログラミングを学習し始めた方も同様にエラーと向き合い勉強していくことになるのですが、転職しなければならない焦りエラーで学習が進められない焦りが両方来ると、かなりのストレスになってきます。

そのストレスに耐えきれずにプログラミング学習に挫折してしまうという方は多くいらっしゃいます。

② 入学してからプログラミングが肌に合わないことに気づく

PC-滑っている人 注意 ホイッスル 箸休め イラスト

入学して学習を初めてみてからプログラミングが自分には合わずに挫折してしまうケースもあります

オンラインで学習している場合は肌に合わなくても、学習ペースを遅くするなどして自力で乗り越えることは可能です。

問題はオフラインで学ぶ場合です。

オフラインでは自分ひとりではなく大勢の方がプログラミングを学んでいます。

そして、プログラミングが肌に合わない方は同時期に入ってきた同期にどんどん離されていってしまいます。

到底追いつけないところまで同期の方が行ってしまい、モチベーションが下がり挫折することになります。

プログラミングに適性がある人とは?

まずいきなりオフラインのスクールに通うことはあまりオススメできません。

なぜなら『プログラマーは誰にでも向いている職業ではない』からです。

他の職種でもそうですが人には向き不向きが当然あります。

例えばプログラマーなら以下に当てはまる人が適性があると言われています。

プログラマーに適性がある人の特徴

  • 何時間も座って作業ができる → プログラミングは基本座り続けて作業するものだから
  • 数学が好き → 論理的思考能力が高い
  • モノを作るのが好き → プログラミングはモノを作る楽しさがある
  • パソコンを触るのが好き → プログラミングはパソコンを利用するため
  • 一つの作業に没頭できる → 作業に集中する能力が必要
  • 物事を調べるのが好き→ エンジニアは調べられる能力が必須
  • 好奇心旺盛 → 新しい技術を求める探究心がなければエンジニア寿命が短い
  • 体力がある →長時間PCに向き合ってられる体力も必要

など適性がある特徴を並べてみましたが、ここに当てはまらないからと言ってプログラミングできないという訳ではありません。

自分でプログラミングを行ってみて楽しいと思えたり、予想以上にできたりしたら適性があるといえます。

③ 転職した結果、年収が下がってしまうこともある

料金 年収 プログラミング イラスト

転職が決まったとしても必ず前職よりも年収が上がるとは限りません。

無事にエンジニア転職に成功したとしても前職よりも年収が下がってしまうこともあります。

年収アップを求めてエンジニアに転職したのに、かえって年収が下がって生活が苦しくなってしまうという本末転倒な出来事になりかねません。

転職にはこのリスクもあることを頭に入れておきましょう。

未経験からエンジニア転職を目指す方は下記の記事も参照ください。

プログラミング未経験から転職を成功させる方法!年齢によって難易度が大きく変わる

 

仕事を辞めずに挫折しない効率方法


仕事を辞めずともプログラミングの勉強することは可能です

しかし、中には『仕事を辞めるぐらいの覚悟がないと挫折してしまう』と思う方もいるかもしれません。

挫折してしまうのは意思の弱さではなく学習方法が間違っているからです。

学習方法を改善することで挫折率は大幅に改善させることができます。

少しでも挫折をしないために挫折しやすいポイントをしっかりと覚えておきましょう。

  1. 明確な目標設計
  2. 勉強時間の確保
  3. 仲間を探す
  4. 無料のプログラミングサービスをまずは利用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

挫折する理由は?プログラミングスクールに通う前に知っておきたい4つのこと

① 明確な目標設計

まずプログラミングスクール選びをする前に自分がなぜプログラミングを学びたいのかをしっかりと決めてください。

  • 転職のため
  • 副業がしたいから
  • 教養のため
  • 会社必要とされているから
  • スキルアップとして

など人によって様々な目標がありますが、ここからさらに目標の解像度を上げていきましょう。

例えば、『転職がしたい』という目標であれば、

  • どんな起業に転職したいか
  • 年収はどれぐらいほしいか
  • プログラミングでどんな仕事をしたいか(アプリ、ウェブなど)
  • いつに転職を実現させたいか

などなど、より明確な目標を設計していきましょう。

明確な目標を持っておくことで学習を始め挫折しそうになりかけた時も明確な目標によって踏みとどまれることがあります。

逆に目標がなければ簡単に挫折することが出来てしまうので、プログラミングを学習するならまずは目標から立ててみてください。

副業が目的の方は以下の記事も参考にしてみてください。

【最短30日】プログラミング初心者が副業で収入を得るための最適解とは?

 

② 勉強時間の確保

プログラミング 時間 管理 早い イラスト

挫折しない2つ目の方法は勉強時間の確保です。

できれば毎日、習慣的に勉強できる時間を作るのが理想です。

そんなものできたら困らないという声が聞こえてきそうですが、習慣は勉強時間を意識したり、計画することから始まります。

学習を始めた時に毎日これだけの勉強時間を確保すると覚悟を決めるのです。

プログラミングに関係なく勉強する上で重要なことは習慣化させることだと思います。

おすすめは夜20時~23時は絶対プログラミング学習にあてる、などと時間で区切って勉強時間の確保を習慣化してまう方法です。

3ヶ月以上学習を継続させられれば、自動で習慣化されて、勉強が億劫になったり挫折してしまう可能性を下げることが可能です。

③仲間を探す

プログラミングを挫折しないことでオススメなのはプログラミングを勉強する仲間を見つけるのは非常におすすめです。

仲間というのはスクール内でなくもいいのです。

Twitterではプログラミングを勉強しだしている方が大勢いらっしゃいます。

#駆け出しエンジニアと繋がりたい』『#プログラミング初心者』といったタグで検索すればたくさんの勉強中のエンジニアの方がいらっしゃいます。

そういった方と関わることで、学習のモチベーションを維持することができます。

オンライン学習などのモチベーション維持がしにくい環境などの場合は特におすすめですのでまずは実践してみてください。

④ 無料のプログラミングサービスをまずは利用する

1週間でも良いので、まずは無料のプログラミングサービスを利用してプログラミングに触れてみてください。

ここで出来るようになるまでやる必要はありません。

重要なことは『プログラミングで仕事をしている自分が想像できるか』ということです。

また、その自分が楽しそうなのかも想像できれば、恐らくあなたはエンジニアに向いているのでしょう。

そんなこと誰にでもできると思うかもしれませんが、プログラミングの学習を始めたばかりの時は分からないことばかりで、それだけで気が滅入ってしまう方がいるほどです。

分からないことばかりでも突き進んでいきたいという気概が持てるだけでもエンジニアの一歩が踏む出せている証拠だと私自身は思っています。

 

おすすめの無料プログラミングスクール


プロゲート

プロゲート
学習内容 オンライン 開講場所 対象年齢 追加料金
主なプログラミング言語全て 全年齢

無料で多種多様なプログラミング言語を学ぶことができるオンラインプログラミングスクールです。

通常プログラミングを学ぶ際はパソコンに開発環境を作るなど、下準備が必要になりこの下準備で挫折してしまう方がいるほどやや面倒な工程が必要になります。

しかし、プロゲートではブラウザで学習することができるので下準備いらずにすぐにプログラミングの学習を開始することが可能です。

プロゲート学習画面

ただし、就職支援などは行っておらずあくまで独学で勉強するツールとしてでしか利用できない点には注意が必要です。

プロゲートはこちらから→プロゲート

プロゲートはこんな方におすすめ

  • プログラミングに触れてみたい方
  • スキルアップとしてプログラミングを学びたい方
  • オンラインで、無料で学びたい方

 

ドットインストール

ドットインストール
学習内容 オンライン 開講場所 対象年齢 追加料金
主なプログラミング言語全て 全年齢

無料オンラインプログラミングスクールとして有名なのが『ドットインストール』です。

ドットインストールの授業は『動画で学ぶ』ということが特徴的なサービスです。

動画では講師が実際にプログラミングをしながら解説して貰えるので、テキストベースの教材よりも分かりやすいのがメリットとなっています。

就職支援などのサービスは行っておらず、分からないことを質問することもできませんが、初めてプログラミングを学ぶのであればまずオススメできるサービスです。

ドットインストールはこちらから→ドットインストール

ドットインストールはこんな方におすすめ

  • プログラミングに動画教材を通して触れてみたい方
  • スキルアップとしてプログラミング覚えたい方
  • オンラインで、無料で学習したい方

 

仕事しながら副業で収入を得る方法もある


スクールで学習する場合は就職サポートがあるので、就職することも大いにありです。

ですが、初めからフリーランスとしてやっていくこともプログラマーとして可能なことは覚えておきましょう。

『フリーランスは実績がないと・・・』、『仕事を受けられる自信がない』

という不安を持つかもしれませんが、LP(ランディングページ)制作案件であればプログラマー職に就いたことがなくても受けることができます

LP(ランディングページ)とは?プログラミング初学者におすすめしたいお仕事No1!!

実績は確かに必要になりますが、HTML・CSSを学びLPを自作すればそれが実績にもなるので実績がないとできない案件ではなくなります。

フリーランスとしての実績が作れれば本業は続けながら副業としてプログラミングで稼ぐことも出来ます

 

【無料体験実施中】『コードディクト』はLP制作を最短で覚えられるオンラインスクール


コードディクトではHTML・CSSを学び実際にLPを制作するためのスキルを学ぶことに特化したスクールです。

最短で30日でLP制作するスキルを得ることができ、初心者からでも副業で月5万円を容易に達成できるようになります!

上記のように副収入を得ながらプログラミングを学習したいという方にはオススメのスクールとなっています。

現在、無料体験も実施しているので、プログラミングの勉強がしたいという方はぜひまずは体験してみてください。

どのようにプログラミングを学習していくかが分かる無料体験となっているので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。


コードディクト無料体験はこちら