月3万円稼ぐプログラミング副業方法!月30万円の副収入を得ることも可能?

近年、働き方改革や巣篭もり需要によって、場所を選ばず仕事ができるプログラミングが注目を集めています。

エンジニア転職をする方やフリーランスとして独立する方も多くいますが、副業としてプログラミングを学習し始めた人も多くいます。

プログラミングを身につけて隙間時間に家にいながら副業で月3万円稼げたら、、、

さらに、月5万円、月10万円稼げたら、、、

今より少し余裕のある生活ができるようになりますよね。

たらればの話ではなく、あなたもプログラミング言語を身につけ、副業収入を得られるようになります。

『副業したいけどスキルがない』

『プログラミングスクールは高い』

『本当に稼げるのか不安』

このような悩みを持っている方もいらっしゃると思います。

今記事では、プログラミングの初心者の方がプログラミングを身につけて月3万円の副業収入を得るために何をするべきなのかという手順や、月5万円、10万円、30万円稼ぐために必要な知識などを解説していきます。

今記事でわかること

  • プログラミング未経験でも副業で稼げる
  • ウェブ言語を身につけて、月3万円稼げるようになる方法
  • さらに副業収入を増やすための方法
  • 副業収入月100万円も夢じゃない

 

 

プログラミング未経験の方でも副業で稼ぐことは可能

プログラミング未経験者の方でも副業でお小遣い稼ぎをすることは十分可能です。

実際に多くの方がお小遣い稼ぎを目的に、全くの未経験からプログラミングで副業を行なっています。

またプログラミングを学ぶことは学んでいる期間だけではなく、その後のキャリアにも大きく関わってきます。

具体的には、今後のキャリアに関わる「スキル」「実績」「コミュニケーション」といった力を身につけることができます。

インターネットがないと成り立たない今の時代で、プログラミングを学ぶ、プログラミングの知識があるということは大きなメリットとなるでしょう。

また、スキルや実績が身につけば、副業にとどまらず、フリーランスとしての道、エンジニア転職の道も見えてきます。

ウェブ系言語を身につけて月3万円稼げるようになる方法  

プログラミング言語の中でも初心者の副業に向いているのがHTML/CSSといったウェブ系のプログラミング言語です。

以下の表の通り、他のプログラミング言語と比べると収入額は劣りますが、その分早く収入を得ることが可能です。

また、案件にかかる時間も他の言語より短期間でできるものが多く、副業に向いているといえます。

プログラミング言語 HTML/CSS Java、Ruby、Python、PHP、、、
副業に必要なスキル Webページを作ることができる 実務経験が必須で未経験からは難しい
習得期間 1〜3ヶ月 3ヶ月〜1年
収入 5〜50万円(スキル次第で更に上も) 20〜100万円
案件数 常に多数の募集 少ない(募集がない場合もある)

 

Webサイト制作で月3万円稼ぐ   

月3万円程度の副業収入が欲しいと考えている方は、Webサイト制作で副業しましょう。

Webサイト制作とは、インターネット上で利用するホームページを制作することです。

ウェブサイトを制作する職業は、一般的ににWebデザイナーと言われます。

副業にWebサイト制作をおすすめする理由は以下の3つです。

  • 案件数が豊富
  • スキルが必要な分報酬が高い
  • 発展性がある

案件数が豊富

Webサイト制作の案件は非常に多いです。

クラウドソーシングサービスを見ると、動画編集や通訳などと比較しても案件数は多く、スキルがあれば、案件獲得しやすいといったメリットがあります。

ちなみに2021年3月15日現在の大手クラウドソーシングサービス、クラウドワークスに掲載されている案件数は2,125件です。

案件が少ないと競争率が高くなるたえめ、案件が多いとその分案件を獲得しやすくなります。

報酬が高い

知識がないとWebサイト作成はできません。

誰でもできる仕事ではなく、専門知識が必要な仕事であるため、単価相場が比較的高いです。

代行サービスやアンケーモニターは時間があれば基本的に誰でもできる仕事なので相場が低く、月に数万円の収入を得たいと考えている場合はなかなか難しいかもしれません。

また、ライティング業務やロゴ作成などの業務よりもスキルが必要なことから、Webサイト制作の仕事は競争相手が少ないという強みがあります。

発展性がある

Webサイト制作では、学習を進め、案件を受けていくうちに扱える言語を増やせば高単価な案件を獲得できるようになります。

まずは、HTML/CSSを利用した動きのないウェブサイト制作を、

次にJavaScriptのスキルを身につけ、動きのあるリッチなウェブサイト制作を、

更にPHPのスキルを身につければ、Webシステム開発やWordPressのカスタマイズも可能となります。

スキルを身につけ、経験を積めば相場単価もどんどん上がっていくので、発展性があり、学習する分にも楽しいです。

Webサイト制作に要なスキル   

  • HTML/CSS  

Webサイト制作を行う上で欠かせないスキルがHTML/CSSです。

HTML→ウェブサイトの骨組みを作る
CSS→HTMLで作った骨組みに装飾する

といったイメージです。

簡単なWebサイト制作は1案件5,000円〜10,000円の物が多いので、月に3〜6件ぐらいのの案件を受注すれば月3万円稼ぐことができます。

1案件3万円以上の報酬を設定されている案件受注は、HTML/CSSの知識だけではなかなか難しいです。

初めは数をこなしていきましょう。

  1. 効率よく稼ぐ方法   
  2. 基礎スキルを学ぶ
  3. ポートフォーリオ作成
  4. クラウドソーシングを活用して案件数をこなす

①〜③の流れで学習計画を立て、期限を決めて学習を進めていくことで効率よく稼ぐことができます。

ウェブ制作で重要なのはアウトプットです。

基礎が学べて土台ができたら、どんどん手を動かして、様々な案件に挑戦していきましょう。

 

①基礎を学ぶ

案件受注の前にまずは基礎を学んでいく必要があります。

今やHTML/CSSの基礎を学ぶ方法は、プログラミングスクール、参考書、ユーチューブ、学習サイトなどさまざまあります。

早くスキルを身につけたいと考えている方は、プログラミングスクールに通うことをお勧めします。

ですが、『スクールは高くて通えそうにない』という方、

独学でもやる気と継続力があれば可能です!

独学でHTML/CSSを学ぶ方法は以下の記事をご覧ください。

参考記事:プログラミング独学で副業は可能?未経験から成功した方の声も紹介

ただやはり、スクールに通ってスキルをに身につけることが一番早く稼げるようになる方法です。

学習の道筋を立ててくれて、わからないところをすぐに解決できるからです。

カウンセリングから学習プラン、卒業後のことまでさまざまなサポートをしてくれ、中には、副業の案件を一緒に探してくれるスクールもあります。

また、副業をする際、自身の成果物であるポートフォーリオが必要です。

スクールでのポートフォーリオ作成は、現役プロのメンターや専属メンターがアドバイスをくれるので、より良いものを作ることができます。

スクーが多すぎてどこがいいのかわからない、副業を目的としているという方にはプログラミングスクール「コードディクト」がお勧めです。

コードディクト

引用:コードディクト
料金 5,000円/月額
学べるスキル
コース
Webサイト制作コース
  • オンライン完結
  • 費用がとにかく安い
  • LP制作を学びたい方には充分なカリキュラム

『コードディクト』はLP制作を最短で覚えられるオンラインスクールです。

なんといっても値段が安い。価格を抑えてHTML/CSSを学びたいという方は、コードディクトをお勧めします。

コードディクトでは、人件費や広告費など無駄な費用をカットしているため、他のスクールよりも安くサービスを提供できます。

無料体験はこちら

関連記事:副業するためのプログラミングスクール5選!おすすめの言語や副業の始め方まで解説します!

 

②ポートフォーリオ作成

コピーサイトを作り、ウェブ制作の流れが掴めたら、次はポートフォリオの作成を行なっていきましょう。

ポートフォリオとは、自分のスキルを集めた作品集のことです。

また、あなたの持つ力を示すためのスキル証明にもなる非常に重要なものです。

この後の案件の受注において、名刺のように必要必須となります。

ポートフォーリオの出来次第で案件の質や単価も変わってくるので、ポートフォーリオはとても大切になります。

Web制作のポートフォリオとしては、プロフィールをまとめたWebサイトを作成し、実際に作ったオリジナルサイトをリンクさせることをお勧めします。

 

③クラウドソーシングを活用して案件数をこなす

ポートフォーリオができたら、案件を獲得していきましょう。

案件獲得方法は大きく2つあり、ひとつが人脈に頼る方法、もうひとつつがクラウドソーシングサービスを利用する方法です。

初心者の方であればまずはクラウドソーシングサービスを活用していきましょう。

最初は単価の安い簡単な案件から、案件受注数を増やしていければ、コンペ形式やプロジェクト形式といった少し難易度が高い高単価なものに挑戦していきましょう。

実務経験を積むことでスキルも単価も上がっていきます。

 

さらに副業収入を増やすために!

ステップ1 ステップ2 ステップ3
学習言語 HTML/CSS HTML/CSS、JavaScript HTML/CSS、JavaScript、PHP
案件内容 動きのないWebサイト制作 動きのあるリッチなウェブサイト制作 ・Webシステム開発
・WordPressカスタマイズ
案件相場 3〜5万円 3〜10万円 10〜20万円

このようにステップを踏み、学習言語を増やしていくことで更に収入を増やすことも可能です。

月5万円 稼げる案件   

  • 動きのあるリッチなウェブサイト制作
  • タスク形式だけでなく、プロジェクト形式・コンペ形式に取り組む

HTML/CSSに加えて、JavaScriptのスキルを身につけることで動きのあるホームページを作ることが可能となります。

また、要件通り仕事をすることで報酬を得るタスク形式だけでなく、応募して契約先として採用され要望に応じて仕事をするプロジェクト形式や、作品案や企画案が採用されるコンペ形式に取り組んでいくこと報酬水準が高くなります。

必要なスキル

  • HTML/CSS
  • JavaScript

 

月10〜30万円 稼げる案件  

  • ウェブシステム開発
  • WordPressカスタマイズ
引用:クラウドワークス

HTML/CSS、JavaScriptに加え、更にPHPやWordPressのスキルを身につけることで、ウェブシステム開発やWordPressカスタマイズが可能となります。

ここまでのスキルを身につけることができれば、実務経験次第でどんどん副業収入を上げることができます。

また、副業に困ることはないでしょう。

必要なスキル  

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • WordPress

 

月100万円も可能 ?

月100万円の募集も中にはあり、副業収入月100万円も不可能ではないですが、なかなかのスキルと経験がなければ難しいです。

経験とスキルがないと案件を受けることができないので、月100万円稼ぎたいとお考えの方はまずは、小さな案件を多くこなし実務経験をつけ、さらにスキルをしっかりと身につけていく必要があります。

まとめ

以上、今記事では、プログラミングの副業で月3万からお小遣い稼ぎする方法について解説しました。

段階を踏んで計画的に学習を進めることができれば、あなたも必ずプログラミングを利用して副業収入を得ることができます。

興味のある方は今すぐ行動しましょう。